読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

思わずジャケ買い、淡路牛玉ねぎカレー 〜こってりディープな旨味〜

はじめに

こんばんは、菊池です。

今日はいつも通っている、地元のスーパーで思わずジャケ買いしてしまった、レトルトカレーを紹介します。はじめに値段をお伝えしますが、税込で540円しました。あまりの値段の高さにお会計のとき、財布を持つ手が震えていました。私が人柱になりますので、みなさん私の屍を越えて、どうか強く生きてください。 

考察/調理

おもて面。大きな玉ねぎのパッケージがインパクト大。淡路牛玉ねぎカレー「おいしいカレーは、おいしい玉ねぎからはじまる。」フォントが可愛いですね。値段はブサイクなのに。

f:id:kikuchi222:20151026013739j:plain

うら面です。ざっと説明を読むと、①淡路牛が使われている。②淡路島産のおいしい玉ねぎが使われている。③化学調味料不使用。以上の3点が売りとのことです。内容量は200gです。

f:id:kikuchi222:20151026013801j:plain

蛇足ですが、私は生活が困窮しているとき、玉ねぎ半玉をスライスして皿に乗せ、その上に溶いた卵とめんつゆでレンチン、ご飯に乗っけてたまご丼をよく食べています。そんな玉ねぎ好きで大貧民の私が、一食に540円も身銭を切ったのだから、淡路島、しっかりと楽しませておくれよ。

話を戻しましょう。箱を開けるとシンプルな銀の包装。

f:id:kikuchi222:20151026014033j:plain

湯せんで温めましょう。一緒にゆで卵も作ります。ガスと水と時間の節約です。

f:id:kikuchi222:20151027003250g:plain

実食/感想

お皿に盛りました。このとき、あまりに空腹で、ご飯をわんぱくに盛ってしまい、ルーをかけたら少しこぼれてしまいました。写真右下を切り取り、ごまかしています。

スパイスのいい香りです。目視できる玉ねぎの姿はなく、ルーに溶け込んでいるようです。お肉がごろごろっと出てきました。

f:id:kikuchi222:20151027010152j:plain

おにく

f:id:kikuchi222:20151027010243j:plain

 ……いざ実食。うおー、なるほどね。おいしいおいしい。なんだろう、とてもコクがあります。玉ねぎと、牛の旨味がとても濃厚に、味覚に語りかけてきます。このカレーを一言で表すなら、「こってりディープな旨味」でしょうか。原材料を確認しましたが、ケチャップ、牛脂、バター、バナナピューレ。ここら辺が効いているのかもしれません。

f:id:kikuchi222:20151027020815j:plain

私も人並みに色々な種類のカレーを食べてきたつもりですが、この旨味のアプローチははじめてです。

 f:id:kikuchi222:20151027010300j:plain

 やはりカレーにはゆで卵ですね。私はカレーに生卵はあまり好みません。

まとめ

 仮にご飯代+150円と考えて、カレー屋でこれが700円で出てきても、まぁ許せる範囲かと思います。それくらいおいしいです。濃ゆ〜いカレーが食べたい方におすすめです。下記に公式通販とamazonのリンク貼っておきますので適当にどうぞ。この日は本当にお腹が減っていて、完食したあと、追って納豆ご飯を食べたのは内緒。太りたくない。ではまた。

www.uzunokuni.net

www.amazon.co.jp

広告を非表示にする