読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

勝負パンツを公開します。私のアンカリング。

考えたこと

はじめに

こんばんは、菊池です。

みなさんは勝負パンツをお持ちでしょうか。私は持っています。お恥ずかしい上にお見苦しいですが、写真を撮りましたのでご確認ください。

 f:id:kikuchi222:20151111193046j:plain

そう、です。いつからか私は赤のパンツしか履かなくなりました。毎日が勝負です。細かく説明すると、この中でもご利益パワーの順位があるのですが、十代のピチピチ卵肌男子ならまだしも、引きこもりアラサー男のパンツの順位なんて需要ないと思うので割愛します。

赤パンを履いたきっかけ

確か大学を卒業したあたりの時期で、適当に買っていたパンツの中にたまたま赤のパンツが一枚あり、それを自分の中で勝負の日(仕事で大事な役回りの日や、休日でもいつもと違うイベント事の日など)に履くようになりました。そこからパンツを買い換えるときに意識して赤を選ぶようになり、今では毎日が勝負の日となってしまったのです。

なので休日の、特に一日中家でのんびりすると決めた日は、他の色のパンツを履きますが、なんとなく某キャラでいうところの、顔が濡れて力が出ない感じです。

私はお守りを携帯したり、神社にお参りに行ったり、赤いパンツを履いたり、何かとゲンを担ぐのが好きなのだと思います。

kikuchi222.hateblo.jp

同志はいないのか 

「赤パンツ」でネットを調べたら、色々とヒットして嬉しかったです。結構メジャーなのかもしれません。

matome.naver.jp

お笑い芸人、千原ジュニアも赤パンツを履いているそうです。しかも「巣鴨のマルジ」という買うお店まで決まっているとはすごいです。

matome.naver.jp

本当かどうか分かりませんが、この記事によると東洋医学でも証明されているとのことです。みなさんも赤パンツでチャクラを解放しましょう。笑

アンカリングとは

www.itmedia.co.jp

少し真面目な話をすると、プロ野球選手ではイチローや山本昌投手の様々なゲン担ぎが有名です。こういった特殊な職業の方々は特に、高いプレッシャーの中で自分の気持ちを最高潮にもっていけるように、過去の成功を呼び起こすルーティンとしてゲン担ぎ、おまじないをしています。これを心理学的にはアンカリングと言うそうです。

私で言うところの「今日は赤パンツを履いているから大丈夫」という思考回路です。

まとめ/おまけ

私のアンカリングは実際に効果があったかは分かりません。やはり気の持ちようですが、日々の生活に緩急をつけるという意味で、みなさんもアンカリングを意識してみるのはいかがでしょうか。

超蛇足ですが、今週の伊集院光のラジオで「レッドブルって言い換えると赤べこだよね」という話をしていて、それがここ数日頭から離れません。言われてみると確かに。赤つながりということで書いてみました。ではまた。

広告を非表示にする