読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

怪しい味? 一平ちゃん怪味マヨ味を食べてみた。

はじめに

先日、スーパーのカップ麺コーナーを物色していると、思わず目を惹くタイトルの商品を発見してしまい、買ってきましたので紹介します。

f:id:kikuchi222:20151112194253j:plain

その名も、明星一平ちゃん夜店の焼そば怪味(カイミ)マヨ味です。パッケージの説明文を読んでみましょう。

「怪味」とは、中国・四川省生まれの調味料で、五味(甘味、酸味、塩味、苦味、旨味)に加えて、辛味としびれが特徴の混合調味料です。

ますます味が分からなくなったのは私だけでしょうか。中国風の辛い味付けが予想されます。さっそく準備をしましょう。

調理/実食

f:id:kikuchi222:20151112195323j:plain

パッケージを開けるとソース、特製マヨ、ふりかけの3種類と麺が見えます。いたって普通ですね。パパッと作りましょう。

f:id:kikuchi222:20151112195453j:plain

調理完了。各調味料を入れました。マヨビームが茶色です。おいしそうな独特の香りが部屋中に立ち込めます。

f:id:kikuchi222:20151112195752j:plain

実食です。うん、おいしい。おいしいのですが、なんだろうこの味。なんとも表現に困ります。程よい酸味もありつつ、ピリッと辛い、中国っぽい味。どこかで食べたことがあるお味なのですが……う〜ん思い出せない。すっごいモヤモヤします。おいしいんですけどね。

素敵レビュー紹介

私の貧相なボキャブラリーではどうにも表現できないので各、有名なニュースサイトのレビューを見てみました。

gigazine.net

細めの麺にソースがよく絡み、豚のダシが効いた中華風のうまみが感じられます。食べ進めると追って唐辛子や花椒の辛さが押し寄せてきて口の中がピリピリとしびれてくるのですが、辛さの中にも甘みや酸味が混ざった複雑な味わいが楽しめます。

まずはGigazineのレビュー。こうして自分のレビューと見比べるととても勉強になりますね。同じものを食べているのに、数行前の自分のレビューがお恥ずかしい限りです。

youpouch.com

今回の新商品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」は、ソースと「特製マヨ」の両方に「怪味ソース」をブレンド。花椒のしびれ感や辣油の辛味を際立たせ、複雑かつスパイシーでパンチのある味わいに仕上げられています。これ、汁なし担々麺なんかが好きな人にはドンピシャにハマりそうですね! 発売は10月26日から。しびれと辛さの絶妙なシビカラ感をぜひおうちで堪能して!

続いてPouch(ポーチ)というニュースサイトから。汁なし担々麺という具体例と、独特なしびれと辛さの味をシビカラ感とポップに表現していて、これは購買意欲をそそる、うまい文章だと惚れ惚れしました。

rocketnews24.com

ガッツリいった。その瞬間突き抜けていく衝撃。最初にやってくるピリっとした味にはじまり、ソースが甘みを……マヨネーズがまろやかさをプラスする。これは……めちゃくちゃウマい!!!! しかも、この味は結構深いウマさ。ありがとう明星。信じてた!!

最後はロケットニュース。熱意が伝わる文章で良いですね。自分ももっと気持ち入れて書こうと思いました。

色々な方の感想を見ていただきましたが、気になった方は是非一度食べてみはいかがでしょうか。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ : 明星食品

おまけ

f:id:kikuchi222:20151112195826j:plain

実は炭水化物on炭水化物で食べていました。私の特技なのですが、お好み焼きでごはん、コロッケでごはん、シチューでごはんが食べられます。個々がおいしければ食べ合わせはあまり気にしません。そのノリで、カップ焼きそばでごはんもドンとこいです。うまいうまい。ではまた。

広告を非表示にする