読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

私の好きな「マスクを被った」魅力的なキャラクター、アーティストを紹介する。

はじめに

こんばんは、菊池です。

先日実家に帰りましたら、かっこいいマスクマン達がたくさん登場する漫画、ドロヘドロのフィギュアが出てきましたので紹介します。そこから派生して、私の好きなマスクマンなアーティスト達も紹介していきますので、是非チェックしてみてください。マスクマンは何故こんなにも魅力的なのでしょうか。

ドロヘドロ

ドロヘドロ コミック 1-20巻セット (BIC COMICS IKKI)

「ドロヘドロ」はダークファンタジーな日本の漫画です。林田球先生という女性が描かれています。濃い絵柄や深刻なストーリーの反面、意外とポップな人間? 模様がよく描かれていて、どのキャラクターも愛くるしく、私の大好きな漫画です。

f:id:kikuchi222:20151121192812j:plain

実家から見つけてきたのは、そのドロヘドロのガチャガチャ。ヘッドマスコットコレクションの第一弾です。確か秋葉原か中野ブロードウェイのフィギュアショップでコンプ済みの中古を大人買いしました。

f:id:kikuchi222:20151121193038j:plain

このフィギュアが良くできていまして、カイマンと煙(エン)の首は怖いくらい断面がリアルです。

f:id:kikuchi222:20151121192909j:plain

心(シン)のマスクの裏面もしっかり再現されています。なんだかまた読みたくなってきました。

ドロヘドロ ヘッドマスコットコレクション2 [全7種セット(フルコンプ)]

このフィギュア第二弾も出ているそうなので、また大人買いしたいです。すごいクオリティが高いので、原作好きな人はマストバイです。
ドロヘドロ - Wikipedia

ここからは私の好きなマスクマンのアーティスト達を紹介します。

SlipKnot(スリップノット)

Slipknot

www.youtube.com

アメリカアイオワ州出身のヘヴィメタルバンド。メンバーそれぞれ個性的なマスクをしています。上記動画の3rdアルバム時のマスクは、日本人のデザイナーがデザインしたそうです。私はジョーイのドラムが好きで、いつも聴いていて惚れ惚れします。ボーカル、コリィのデスボイスとクリーンな歌声のギャップも素敵です。 
スリップノット - Wikipedia

Ghost Face Killah(ゴーストフェイス・キラ)

12 REASONS TO DIE: THE BROWN TAPE

Twelve Reasons to Die (Deluxe)

www.youtube.com

アメリカニューヨーク州出身のhiphopグループWu-tangclan(ウータンクラン)のメンバーの一人。上記の動画では2:45から登場します。キレッキレですね。彼は当時警察から指名手配されていた為、顔出しできずにマスクを被ってメディアに出ていたそうです。中二病的にもかっこ良すぎます。もちろんラップもスキルフルです。
ウータン・クラン - Wikipedia

deadmau5(デッドマウス)

デッドマウス

www.youtube.com

deadmau5(デッドマウス)はカナダ出身のクラブDJ。ミュージシャンです。CDのジャケットは毎回ネズミのキャラクター。ライブでもでっかいミッ◯ーのようなマスクを被ってDJをします。イロモノでなく、しっかり音源がかっこいいです。
deadmau5 - Wikipedia

ダフト・パンク リビールド [DVD]

というか、クラブミュージックなら大御所ダフトパンクもマスクマンでしたね。
ダフト・パンク - Wikipedia

まとめ

本当ならプロレスのマスクマンとかを紹介すべきなのでしょうが、いかんせん音楽が好きでして、このような人選となりました。

音楽だけでなく、どこの業界でも実力にプラスして、他者に埋もれない為のキャラ付けって大切なんだなと思いました。私もブログ内で、マスクを被って商品のレビューしようかなと思いました。割となきにしもあらず。ではまた。

広告を非表示にする