読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

気づいたら10年間彼女がいないのだが。

こんばんは、菊池です。

突然のカミングアウトですが、私は高校一年生(16歳)の頃から今日まで、彼女がいません。なんの努力もせずに「一人だと気が楽だし、何とかなるさ」と生きてきて、気づいたら26歳でした。最近、これって結構まずいことなんじゃないかと思いはじめました。(気づくの遅いよ)

そこでみなさんに質問ですが、恋愛ってどうやるんですかね。

例えば、26歳から自転車に乗る練習をするとするじゃないですか。周りは小さい頃から自転車に乗っているので、乗り方を聞くと、「意識していないけど、なんとなくバランス感覚だよ」なんて言いながら運転している。もちろん運転中に転んだりは多々あるかと思います。

私はこの歳で公園に出かけて、一から自転車に乗る練習をするのが恥ずかしいのです。「あの人ハンドルの握り方も分からないんだ」なんて思われたら、顔を真っ赤にしてその場を立ち去り、二度と公園には行けません。

何度もバランスを崩して、転んで、みっともない姿を見せるのが嫌だし、自分の大事な体に擦り傷、切り傷を作りたくないのです。そう、結局は自分が一番好きなだけなんですよね。プライドの塊。いっそ自分と結婚しようかな。それが「一生独身」ってやつですね。頭がパンクしそうです。

最近、このままではいけないと思い、やっと物置の奥から自転車を取り出し、タイヤに空気を入れはじめたところです。まだペダルは漕いでません。なにが言いたいのかというと、「やることやっておかないと、あとあと苦労するよな」という話でした。

最近は「ブログに書くから」が免罪符で新たな経験を積極的にするようになり、少し行動的になれた気がします。今後もし自転車ですっ転ぶことがあればここに書きますのでお楽しみに。ではまた。

広告を非表示にする