読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

1,000円の腕時計。自分への苦悩。

f:id:kikuchi222:20151215200021j:plain

こんばんは、菊池です。

先日、シンプルイズベストな腕時計を買いました。シチズンのQ&Qというシリーズの腕時計で、型式はVP46-854です。いかがでしょうか。

重さは23gで、つけている感覚がないくらいに軽い。そして10気圧防水。見やすい文字盤とシンプルなデザイン。程よい大きさ。全てが気に入りました。壊れるまで使い倒そうと思います。

この話の流れから「腕時計にお金をかける人の気が知れない」などと言いたいところですが、私はロレックスやオメガに憧れます。腕時計ってステータスですよね。電車の中でサラリーマンのスーツの袖からチラッと見えるおしゃれな腕時計。かっこいい。

かといって、なけなしのボーナスでロレックスを買って、一万円のスーツにヨレヨレのYシャツだったら本末転倒ですし、自分の収入に合った、身の丈に合ったものを身につけようと思うのです。そう考えると、私には1,000円の腕時計がしっくりきます。

何が言いたいのかというと「今はお金がないから1,000円の腕時計しか買えませんでした」という話でした。

それをさも「無駄なものにはお金を使わない、合理的な考え方のできる、賢い買い物をした私」を装って、色々な角度から写真を撮って、商品を過剰に褒めて、最後にamazonアソシエイトのリンクを貼ろうとしている自分を俯瞰で見てしまい、今、後半の文章を書き直したところです。

この時計がおすすめで、気に入っていることに間違いはありません。最初は普通にレビューを書くつもりだったのに、なんてことだ。ではまた。

広告を非表示にする