読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粛々と生きる菊池

26歳フリーターが、目の前の日々を大切にするブログ。

肉焼きスキルを磨きたい

男の自炊
はじめに

こんばんは、菊池です。

今日は「休日だし、おいしいお肉が食べたいよ」ということで、近所のスーパーでステーキ肉を買ってきました。オーストラリア産、牛肩ロースステーキ、200gで469円也。

まだまだ未熟ですが、肉焼きスキルを発揮しますので、ご確認ください。

f:id:kikuchi222:20151220184053j:plain

全体像がこちらです。わくわくしますね。

下準備

f:id:kikuchi222:20151220184900j:plain

お肉のアップです。スパイスも付属されていました。冷蔵庫からお肉を取り出し、しばらく常温で放置します。冷たいまま焼くと、表面だけに火が通り、中が生焼けになってしまいます。

f:id:kikuchi222:20151220185422j:plain

筋を切ります。噛み切れないとつらいですし、焼いた時に反り返らずに済みます。丁寧かつ大胆に、白い筋の部分に包丁を入れていきましょう。

f:id:kikuchi222:20151220185541j:plain

柔らかくするために包丁の背で肉を叩きます。フォークで全体に穴を開ける方法もありますね。日頃のストレスをお肉にぶつけましょう。その分だけ、柔らかくなることでしょう。

f:id:kikuchi222:20151220185650j:plain

今回は添付されていたスパイスで味付けをしますが、写真は私の普段使っている味塩コショウです。謎の色合いなパッケージ(あずき色?)で、photoshop感が満載なフォークに刺さった肉の絵がなんともお気に入りです。愚直です。

焼き

f:id:kikuchi222:20151220185725j:plain

よく熱したフライパンで焼きます。なんだかジャストサイズです。肉の円グラフ。強火で焼き目をつけます。

牛脂をもらい忘れたのでサラダ油で焼きますが、肉奉行の皆様、どうか見逃してやってください。

f:id:kikuchi222:20151220185937j:plain

今回は焼き過ぎずにいただきたいので、裏返して中火にして、よき頃合いを見計らいレア気味で救出します。あとは食べやすいように切り分けて完成です。

実食/まとめ

f:id:kikuchi222:20151220185948j:plain

完成。いかがでしょうか。なかなか食欲をそそる出来栄えとなりました。栄養を考え野菜炒めを下に敷いています。

f:id:kikuchi222:20151220190004j:plain

「私、お肉を食べています」という肉々しい歯ごたえと、自分の好みに合わせた焼き加減がおいしいです。お肉を食べると野生の本能が目覚めますね。あっという間に200gペロリです。

今後、お肉は正義なので「珍肉を通販で取り寄せて、色々と食べ比べるのも面白いかな」などと考えているところです。みなさまも良き肉ライフを。ではまた。

広告を非表示にする